indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とりあえず最後の鈴鹿でフェラーリ&ブリヂストンがやってくれました!嬉しいですね~とりあえず,ここまでは順調ですなので,明日のレースが楽しみです。
それでは,日本GP 予選レビューです。

1. BSタイヤ,S1が速い

 フェラーリがフロントロー,トヨタがセカンドローを獲得して,ドライ路面ではBSタイヤが強力であることを示した。特にS1でBSタイヤが速く,BS勢は好タイムをマークした。フリー走行からBS勢が有利であることは分かっていたので,フェラーリはもちろんフロントローをねらいに行き,トヨタも前のグリッドを狙いにいったと思われる。

 Q2とQ3のタイムを比較して燃料積載量について分析する。今日はQ3中にもタイヤゴムがコース上についてタイムアップするためそのタイムを0.3秒程度とする。マッサはQ2で大きく失敗したわけではないが,ミハエルと比べる少し遅かったと思うので,14周前後の燃料積載量だと考える。一方同じフェラーリでもミハエルはたっぷり燃料を積んで18周前後の燃料積載量だと考える。フェラーリの作戦としては,マッサルノーと同程度の燃料を積んでおき,第1スティントは先行させて1回目のピットストップが終わるとマッサルノーの前に出てルノー勢を抑える働きをしてもらおうというものだと思われる。この作戦はセカンドローにトヨタが入ったので,2回目のピットストップまで持越しとなるかもしれないが,いずれにしてもフェラーリの磐石な体制には変わりないだろう。

 トヨタ勢はフロントローを取りにいっただけあって燃料は軽く13周前後のショートスティントとなるだろう。オープニングラップでルノー勢に交わされないこと,1回目のピットストップまでにルノー勢に対してマージンを築くことができれば,表彰台の一角に上がることができるかもしれない。トラブルやチーム・ドライバーのミスがなければダブル入賞は十分可能だと思う。

 ウィリアムズ勢は久しぶりにロズベルグが活躍した。Q1,Q2ともにS1,S2が速くルノー勢に匹敵する速さだった。レースペースではウィリアムズは上位4チームに比べて不安を持っているため,Q3は1アタックのみで1回目のピットストップを長めに設定した。1ストップはないと思うが1回目のピットストップは22周目前後ではないだろうか。ここまで引っ張ると,完走すればポイント獲得のチャンスが十分にある。一方のウェバーはQ2でミスを犯したのか2回目のアタックが不発に終わりQ3へのポテンシャルがあっただけに少し残念。(ただし,このGPではタイムから明らかにロズベルグのほうがセットアップは決まっていた)

 スーパーアグリはもちろん頑張ったが,他のブリヂストンユーザーのほうも車開発がなされており,さらにタイヤをうまく使いきったので,Q1ではフェラーリから3.5秒遅れてしまった。それでもミッドランドの1台を食えたので,トラブルなしで完走してほしい。左近についてもとにかく完走してほしい。


2. マクラーレン不発,ルノーはトヨタに敗れる

 マクラーレンの今年の車は基本高ダウンフォース高ドラッグだったが,ここ数戦で改善されていると思っていた。しかし鈴鹿はドラッグが大きいとラップタイムが落ちる典型的なサーキットであるため,結果は如実に現れた。またMIタイヤもBSに比べて出来が悪く,相乗効果でQ2でノックアウトという予選今季ワースト記録となってしまった。レースでも完走してもノーポイントに終わる可能性がある。Q2ノックアウトの救いはマクラーレン得意の第1スティント引っ張り作戦が使えることだろうか。普通に行けばマクラーレンがここまで悪いとは考えられないが,金曜フリー走行でタイヤ評価ができなかったため,誤ったタイヤで予選に望んだと思われる。

 ルノー勢はフリー走行の時点でフェラーリは自分たちより断然速く,トヨタと互角程度である認識していただろう。予選結果よりレースペースを重視してしまったためにサードローという結果になったが,スタートは確実にルノーのほうがいいため,オープニングラップ3-4位で帰って来ることも十分に考えられる。トヨタ勢より燃料は多めに積み,15周前後の燃料積載量だと思われる。この燃料積載量なら1回目のピットストップでトヨタとの位置関係が気になる。フェラーリがずば抜けて速いため,アロンソの最大目標はマッサを抜いて2位になることだろう。

 ホンダ勢もフリー走行やQ2での結果からトヨタ勢及ばないことが明らかだったので,2台とも燃料を積んでQ3をアタックすることになった。ホンダ勢は18周前後の燃料積載量だと思われる。表彰台争いは無理だが,ダブル入賞の望みはある。

 ここ数レース調子のいいBMW勢だが,マリオ・タイセンが事前に語っていたように鈴鹿では際立った速さは発揮できていない。それでもハイドフェルドはQ3まで生き残り20周前後の燃料を積んでのアタックだったと思われる。レースペース,1発の速さともロズベルグと互角の速さぐらいだと思われるので,ここのポイント争いは必死になるだろう。

 レッドブルの今年の車はそもそも鈴鹿に合っていないことは明らかだったが,さらに車の開発がストップし,Q3で2台ともノックアウトされてしまった。レッドブルはすでに来年を見ているのか・・・
スポンサーサイト
昨日が,研究室の遅めの夏の中間発表の3日目で自分の発表がある日でした。久しぶりの発表だったんで,発表序盤,声が震えてました。抑揚のない発表だったので,もしかするとつかみどころがない発表だったかも。まだまだ,経験が必要です。そんなこんなで中国GPレビューを書くひまを失ってしまったため,金曜フリー走行のレビューを書いている次第です。申し訳ありません。

1. 雨によってチームの力のバランスは不明
 ただでさえ分かりにくい金曜日のパフォーマンスにおいて,雨が降ってしまったためタイムオーダーはほんとんど意味をなさない。しかし,レギュラードライバーでタイムシート上位にフェラーリ,ルノー,ホンダの3チームがおり,この3チームの速さは期待できそうだ。マクラーレンがほとんど周回数を重ねていないため,土曜フリー走行でどれだけ巻き返せるかがポイントとなる。

2. マッサ・琢磨はエンジントラブル
 この2人はエンジントラブルでグリッド10番手降格となる。琢磨に影響はほとんどないとして,マッサの10番手降格はフェラーリのコンストラクターズ選手権に大きく響く。さらにはグリッドで赤の壁を築くことができなくなり,ミハエルにとっても心理的に影響する。マッサはこのGPフィジケラの前でフィニッシュできれば仕事としては満点である。

3. 決勝レース,雨の可能性
 雨が降ると,必ずしもフェラーリ有利と限らなくなり,ハンガリーGPのようなことが起こる可能性は十分にある。ピットストップのタイミングなどミスしなかったものが勝つだろう。
フェラーリの聖地,イタリアGP。1000分の2秒差でポールを獲得したのは,ライコネン。アロンソとしてはパンク&マッサを妨害したとしてのペナルティでかなり厳しくなったんで,フェラーリとしては少しは楽な気持ちなのかもしれません。それでも,ミハエルにとっては優勝は必須なんで,プレッシャーはかかるかもしれませんね~レース後,発表もあるわけだし。
それでは,イタリアGP予選 レビューです。

1. 予選タイムは拮抗
 フェラーリ勢の2人とライコネンが予選タイムはかなり拮抗しており,さらに3人ともQ2からQ3へのラップタイムの落ちを考えると燃料は同程度と考えられる。しかし,土曜フリー走行から明らかなようにレースペースではフェラーリ勢が少なくとも0.3秒は速いため,ライコネンがフェラーリ勢を抑えるのは少し厳しいかもしれない。これはフェラーリ勢は今回決めうちのタイヤでハード側を選択したためであると考えられる。予選ではタイムは伸び悩むがレースペースでは問題ないだろう。
 意外だったのはザウバー勢。クビカはQ3の2回目のアタックでミスしたため,6番グリッドとなったが,ハイドフェルドとあわせて2人とも会心の走りだったと思う。BMWエンジンパワーとレスダウンフォースセッティングがマッチした車と考えられる。これは次の中国GPでもアドバンテージになりうるだろう。

2. アロンソ,ペナルティで優勝は絶望的
 Q3で不当にマッサのアタックを邪魔したとして,Q3のベストラップ3周を抹消されたアロンソ。これによって,パーツ破損でも頑張って獲得した5番グリッドを棒に振ることになった。本人・チームをはじめこの裁定は受け入れがたいものと非難しており,政治的なにおいも感じられなくはないが,ペナルティが科せられるときはだいたいそういうものだろう。
 アロンソは,フェラーリ勢の2人やライコネンと同程度の燃料積載量だと考えられるので,前にいるバリチェロ,デ・ラ・ロサ,バトンあたりがアロンソより燃料を多めに積んでいると考えられるため,壁になる可能性が非常に高い。バリチェロはスタートで交わしたいところだろう。
 フィジケラは1周のアタックタイムが悪いことを考慮してか,Q2と比べて1.5秒程度遅いため,1ストップ作戦に出たと考えられる。

3. トヨタとウィリアムズはBSの恩恵を受けられず
 2チームとも原因不明のグリップ不足でQ3進出を逃す。特にトゥルーリやロズベルグはハンドリングも申し分ないといっているだけに,何が足りなかったのかすら分からないらしい。中間ポジションのタイヤ選択なので,レースでもコンスタントに走れば,ポイント獲得もありうる。

4. ピットストップ作戦は?
 燃料の重量がラップタイムに与える影響は,0.10~0.11 sec/lapであると計算される。Q3に残ったドライバーではライコネン,ミハエル,ハイドフェルド,アロンソ(,クビカ)は2ストップ作戦で,燃料積載量は14~17周分だと考えられる。一方,バトン,デラロサは20周分近く積んでおり,ピット回数を選択できると思われる。バリチェロ,フィジケラは完全に1ストップ作戦で20~25周分近く積んでいるだろう。
 11番手以下のドライバーは各車1ストップ作戦で,25~30周で1回目のピットストップを迎えるだろう。


5. SA06は着実に進化している
 ミッドランドまで0.5~1.0秒あたりまで迫っており,トップとも2.5秒差まで迫った。今回は事前テストができたためにセットアップを煮詰めやすかったと考えられるが,着実に進化していることは間違いないだろう。ひょっとすると鈴鹿で(琢磨の実力も加味して)ミッドランド2台を破ることができるかもしれない。
F1タイヤサプライヤーについてのお話です。

2008~2010年のF1タイヤサプライヤーがBS(ブリヂストン)に決まりました。
これまでF1のタイヤは競争原理の元に,速く走れる安全なタイヤをBS,MIともに造って戦ってきました。しかしながらFIAは2005年に,2008年からタイヤサプライヤーを1社に限定する,と決めてしまいました。これに対してMIは,モータースポーツはどんな分野においても競争が必要であるというMIの意思と反するということで,早々と2007年から撤退をすることを宣言していました。

FIAは5月27日から6月23日まで,2008~2010年のタイヤサプライヤーとして参加したい企業を募り,7月5日にFIAが選んだ企業を発表しました。結果としては,2008~2010年のタイヤサプライヤーはブリヂストン(BS)に決定しました。噂によると,BS以外にエントリーとなかったという話もあります。真意はわかりませんが,保証金が高く,参戦後もコストは結構高いことは明らかなので,企業にとっては開発も進み名も売れますが,一種の賭けかもしれません。これは,エントリー数が少なかった理由として十分だと思います。

また,BSはFIAFと共同で展開する交通安全キャンペーン "Think Before You Drive" を通じて,タイヤの日常点検やシートベルトの着用など世界中で安全啓発活動を行っていることからも,FIAとのつながりは強いと思われます。このあたりからも,BSは選ばれやすい立場にいるといえると思います。

ところで,2008年以降のタイヤ造りについてですが,最近はコーナリングスピードが増加の一途をたどっているので,これを抑制するためのタイヤをつくることが重要な課題であると思います。エンジンの開発は大幅にストップしたとしても,空力については年々大きな進化を遂げているので,車と地面との唯一の接点であるタイヤをコントロールすることで,コーナリングスピードの安全性を確保できると考えられます。

これから4年間も安全(Safety)かつ競争力のある(Competitive)タイヤを供給して,2010年以降も継続して,F1で公式タイヤサプライヤーとして活動していってもらいたいと思います。
ブリヂストンが2006年度のモータースポーツの計画でF1供給チームについて,フェラーリ・トヨタ・ウィリアムズ・ミッドランド・スーパーアグリの5チームであることを発表しました。当初からスーパーアグリチームはBSを使いたいといっていたので,参戦が確定次第,すぐに発表になるとは思っていましたけど。

したがって,今期F1のタイヤ争いを確認すると,
BS: フェラーリ・トヨタ・ウィリアムズ・ミッドランド・スーパーアグリ
MI: ルノー・マクラーレン・ホンダ・レッドブル・ザウバーBMW・トロロッソ
ということになり,それぞれ本格的にタイヤのテストをやってくれるチーム数は,
BS: フェラーリ・トヨタ・ウィリアムズの3チーム
MI: ルノー・マクラーレン・ホンダ・(レッドブル+ザウバーBMWで1チーム分ぐらい?)の4チーム
となり,昨年の供給状況
BS: フェラーリ・ジョーダン・ミナルディ
MI: ルノー・マクラーレン・トヨタ・ウィリアムズ・ホンダ・レッドブル・ザウバーBMW
と比較すると,前々から言っていますがかなり拮抗した状況であると言えます。

今年はタイヤ交換も復活するので,タイヤテストも長距離走行の必要がなく,タイヤテストのコスト面に関してはやさしくなったのかもしれません。(一概には言えないと思いますが…)

これまでの予選~決勝システムだと,予選までで各チーム使用するニュータイヤの数はタイヤに問題ない限り等しかったわけですが,今年の予選システムでは下位チームはニュータイヤを使用せず,あえて決勝に温存するという作戦を取ることもできます。

こういった作戦をしてくるチームがどれだけいるかは分かりませんが,昨年より圧倒的にタイヤの使い方・作戦の立て方が勝敗を分ける戦いになるのは間違いなさそうです。

興味を持たれた方,なるほどと思われた方は,ランキングアップのため 人気ブログランキング に協力してください。

12月中はずっとV10エンジン・R25でテストを続けてきたルノーだったが,1/31の発表会を前に一足速く新型車R26,V8エンジンをデビューさせました。

一見すると,R26はR25と変化が無いように見えますが,サイドポット付近の空力パーツや,サイドポットがV8エンジンの冷却の関係で随分へこんでいます。リア周りはどこのチームもそうですが,大きく改善されていますよね。
フロントウイングの形状はそんなには変化が無いようです。

これは,おそらく,シャーシに対するレギュレーションの変更がほとんどないためだと思われます。ルノーとしては,フロントウイングについてはほぼ最適化されているんでしょうかね…
フェラーリのドライバーとして,10年間続けてきたミハエルが引退の可能性を示唆しました。これには少しばかりショックと驚きです!! 一流のドライバーだからこそ,満足行くドライブができないと引退を考えるということなのかもしれないですけどね~

引退しないでモチベーションが続く条件としては,もちろんではありますが,次の2点をミハエルは強調しています。
・勝てる車をフェラーリが用意してくれること
・タイトルを争えるようなチーム体制であること

1番目の要項は当たり前であるとして,2番目の要項はフェラーリが胡座をかいていてはいけないから,新しい人材を入れて改革できる部署は改革せよということをミハエル自身がフェラーリに提言しているということを意味しますよね。これは普通のドライバーだったら,考えられないようなことだと思います。普通のドライバーだったら,「そんなでしゃばるな」ということになりかねないと思います。そこに,ミハエルが締めるところは締めるという一流かつ王者の貫禄というものを感じますね~

また,ミハエル自身も,アロンソやライコネンといった若手のドライバーが自分と同じ速さを持っているということを認識しているからこそ,引退の示唆も視野に入れているんでしょう。そういう風に考えると,ミハエルはものすごくクレバーな人間ですよね~F1ドライバーはクレバーでないと務まらないとは思いますが,普通のドライバーより随分頭の切れは良さそうですよね。

決断の時期は夏としているようですが,その決断のためにはやはり車が良くないことには話になりませんね。

そこでですが,ここ最近のテストでミハエルは「結構良いテストだった」と言っていますし,タイヤ交換の復活,V8エンジンへの変更といったようにおおきな変更が多い年ということでF2006は1月中に登場とします。今年は胡座をかいたフェラーリをみることはないと思いますし,アグレッシブなフェラーリを始めてみることができるかもしれません。個人的には,まだまだ若手のドライバーたちと勝負できると思うので今年も張り合って欲しいなと思っています。みなさんはどのように考えますか?

面白い・すごい!!と思った方は,ランキングアップのため 人気ブログランキング に協力してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。