indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブリヂストンが2006年度のモータースポーツの計画でF1供給チームについて,フェラーリ・トヨタ・ウィリアムズ・ミッドランド・スーパーアグリの5チームであることを発表しました。当初からスーパーアグリチームはBSを使いたいといっていたので,参戦が確定次第,すぐに発表になるとは思っていましたけど。

したがって,今期F1のタイヤ争いを確認すると,
BS: フェラーリ・トヨタ・ウィリアムズ・ミッドランド・スーパーアグリ
MI: ルノー・マクラーレン・ホンダ・レッドブル・ザウバーBMW・トロロッソ
ということになり,それぞれ本格的にタイヤのテストをやってくれるチーム数は,
BS: フェラーリ・トヨタ・ウィリアムズの3チーム
MI: ルノー・マクラーレン・ホンダ・(レッドブル+ザウバーBMWで1チーム分ぐらい?)の4チーム
となり,昨年の供給状況
BS: フェラーリ・ジョーダン・ミナルディ
MI: ルノー・マクラーレン・トヨタ・ウィリアムズ・ホンダ・レッドブル・ザウバーBMW
と比較すると,前々から言っていますがかなり拮抗した状況であると言えます。

今年はタイヤ交換も復活するので,タイヤテストも長距離走行の必要がなく,タイヤテストのコスト面に関してはやさしくなったのかもしれません。(一概には言えないと思いますが…)

これまでの予選~決勝システムだと,予選までで各チーム使用するニュータイヤの数はタイヤに問題ない限り等しかったわけですが,今年の予選システムでは下位チームはニュータイヤを使用せず,あえて決勝に温存するという作戦を取ることもできます。

こういった作戦をしてくるチームがどれだけいるかは分かりませんが,昨年より圧倒的にタイヤの使い方・作戦の立て方が勝敗を分ける戦いになるのは間違いなさそうです。

興味を持たれた方,なるほどと思われた方は,ランキングアップのため 人気ブログランキング に協力してください。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/105-53642612

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。