indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
イギリスのモータースポーツ誌『Autosport』が,17日(金),“ノックアウト方式”と呼ばれる新予選フォーマットのルール上の抜け道を塞ぐべく,最終予選において110%ルールの適用を検討していることを伝えた。

同誌は,FIAによる新予選フォーマットの110%ルール適用は,Part 3(最後の20分間)序盤時に燃料をセーブするためにドライバーがスロー走行を行うことを防ぐ目的から導入が検討されていると伝えている。

Part 3に進んだ10台のマシンは,決勝序盤に走行する燃料を搭載して予選アタックに臨み,予選終了後にFIAが定める1周あたりの燃料消費量を周回数によって計算し,その分の燃料をマシンに補給することが許される。しかし,このルールの抜け道として,ドライバーがFIAが定める数値よりも少ない燃料消費で1周を走り終えた場合,そのドライバーはより多くの燃料を搭載でき,理論上レースで戦略的に優位に立つことが可能となる。

同誌はFIAスポークスマンの「いわゆる110%ルールは、最終予選において燃料をセーブするためにドライバーが極端に遅いインラップ及びアウトラップを行わないことを確かにするだろう」とのコメントを伝え,110%ルールが適用された場合には,各ドライバーの自己ベストタイムの110%以下のラップに関しては,公式予選終了後の燃料補給の計算に含まれないと説明している。

これは個人的には,非常にいいアイデアであると思う。各チームとも抜け道を探すことはかなり長けているので,この点に気付いていたチームは多いと思う。ただし,ベストタイムはおおよそ見当がつくため,107~109%程度のラップタイムで走る車は見受けられる可能性もあるが,これではあまり燃費を上げることはできないと思われるので,ラップを増やすことで燃料を減らしてタイムアタックに望むという純粋な方法を選ぶチームが多いと思われる。(まあ,そのためのルールであり,110%という数字だろうから…)

興味を持たれた方,なるほどと思われた方は,ランキングアップのため 人気ブログランキング に協力してください。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/110-ce7f0439

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。