indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は,とある世界規模の日本企業の最終面接を受けてきました。
この企業は,推薦1発目(で終わらせたいが…そううまくいくのか?)だったので,最終面接が実質初面接でかなり緊張しました。

朝は7時半過ぎに家を出て,東京駅を経由して,目的地に着いたのがおよそ12時35分。面接開始まであと25分といったところでした。一番乗りでした。(どうでもいいことですが…)

今日は4人の学生が面接を受けにきていました。会議室に4人は通され,面接を受ける順に席につかされました。本来なら2番目のはずが1番目の人が遅刻との連絡があったらしく,急遽1番目に面接を受けることになってしまいました
これだけで変に緊張してしまいました。さらに面接の部屋が特別応接室という名前の部屋で,造りも豪華でかなり緊張してしまいました。

面接では,志望動機,研究内容,長所と短所,得意分野(得意科目),休日何も予定がないときあなたは何をするか?などいろいろな質問を30分強にわたって答えました。とりあえず,口は動いているものの話しているうちにまとまりのない感じでしゃべっていたり,つじつまがあわなかったりするときもあり,思うようにはいきませんでした。

それから,アピールも不足したような気がします「この企業で自分は何ができる!」ということははっきり伝わらなかったと思います。そのあたりがかなりの反省点となりました。今日はお風呂でそんなことを考えていました…

通ってればいいけど,果たしてそう上手くいくのか…

スポンサーサイト

ほほう、関東のほうで面接ですかー。
どこだろうね、旭化成とか?
しかし、いろいろハプニングもあったようで・・・。
最初の面接は結構失敗するものらしいし気にしなくていいかと。
しかし休日の話はどんな分析に用いるのだろうねぇ。

2006.03.01 13:49 URL | DMN #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/111-7ee5a317

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。