indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1. BSタイヤも十分競争力を発揮
 ここ数年,BSタイヤはマレーシアでは苦戦していたが,今年はMIと互角あるいはそれ以上のポテンシャルを発揮している。ミハエルのラップタイムも非常に安定しており,エンジン交換が悔やまれる。ウィリアムズもバーレーンからのコンサバティブな作戦からアグレッシブな作戦に切り替えて,センカドローを獲得している。ただし,ウィリアムズは予選Part 3の初めから他のドライバーよりタイムがよかったことからフロントローのドライバーよりも燃料が軽いことが予想される。
 過去BS勢が弱かったマレーシアで,ミハエル,マッサのフェラーリ勢のラップタイムおよびウィリアムズ勢のラップタイムとMI勢トップのラップタイムを比較することで今年のタイヤの性能比較ができるのではないかと思う。同程度またはBS勢が優性であれば,今年はBSタイヤはかなりコンペティティブであると言える。

2. 優勝争いは必死
 アロンソは燃料リグトラブルで予選8位と出遅れ,ウィリアムズ勢に行く手を阻まれることが考えられ,優勝は厳しくなったが,表彰台は可能性あり。ライコネン,モントーヤはマクラーレン得意の燃料積み作戦によって,後ろから優勝を狙えるのではないかと思う。バトンはスタードさえ失敗しなければ表彰台の獲得はそう難しくはなく,優勝の可能性も見えてくる。フィジケラの燃料のほうが少ないあるいは同じ程度だと思われるので,第1スティント,第2スティントでは離されることなく走り続け,第2, 3スティントの間のピットストップで逆転を狙うのが理想。
 上でも述べたようにウィリアムズ勢2台は燃料が少ないと予想されるので,優勝はやや厳しい。第2スティントは燃料を他車より多少多く積むことになるので,ここで踏ん張ることができれば表彰台には十分手が届くだろう。
 スタートもミスなく,順当に行けばフィジケラが勝つことが有力。

興味を持たれた方,なるほどと思われた方は, 人気ブログランキング ランキングアップ に協力してください。

スポンサーサイト

こんばんは。
エンジン交換ペナルティがグリッド降格からtakaさんが私のブログでコメントされていたウェイト搭載になりそうですね。

takaさんの予測、見識に驚きです。
おそれいりました!

2006.03.24 00:11 URL | ma3@琢磨F1.net #Fw4GgpdY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/119-8e8a826d

嬉しさも 中くらいなり セパンの春(字余り)
いんや~・・・(^^;)ジャック。ポイントゲットおめでとう。今年は去年と一味違いますなぁ。しっかり目立つところで目立ってるし・・・「ニックが地味だ」なんて言ってませんからね(爆

2006.03.21 02:59 | Villeneuvelog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。