indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1. ホンダ・ルノー・マクラーレンの争い
 ポールポジションを獲得したバトンがまずスタートで1位を守りきれるか。ここで守りきれないようだと,ルノー勢に先をいかれておしまいの可能性が高い。1回目のピットストップでルノーより後には入れれば勝てる可能性が随分高まると思うので,そのあたりが注目ポイントとなる。一方,マクラーレン勢はホンダ・ルノーに比べると燃料を多めに積んでくる作戦だと思われるので,2回目のピットストップあたりで逆転の可能性もある。この3チームはピットストップ作戦が勝負の鍵となる。

2. ピットストップは1~3回が入り乱れる可能性あり
 予選セッションPart 3ではウィリアムズ勢よりタイムの良かったトヨタ。ウィリアムズ勢は2ストップが考えられるが,トヨタは前回同様3ストップか。フェラーリは11位,16位と沈んだため,燃料積載量は自由に決められるが,タイヤと天候のことを考慮すると2ストップ作戦がいいと思われるが,マッサは1ストップの可能性もなくはない。ミハエルは第1スティントは重め(長め)で20周は超えると思われる。

3. レース中に雨の可能性も
 予選セッション中は霧雨が降ったためにドライタイヤで温度が上がらずタイムが伸ばせなかったドライバーが続出した。レース中も霧雨あるいはそれより強い雨が降ればスタンダードウェットタイヤでの周回が見られるかもしれない。久しぶりのウェットレースとなるため,MI,BSのタイヤ性能に注目したい。

興味を持たれた方,なるほどと思われた方は, 人気ブログランキング ランキングアップ に協力してください。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/121-50f7fa7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。