indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1. フェラーリ復活か
 昨年不調だったフェラーリは,サンマリノとハンガリーのみよいパフォーマンスを示したので,逆にここでポール(またはそれに近い)が取れなければ今年も厳しい戦いになると予想される。今回,ポールを獲得できたことから,レースでもよいパフォーマンスが示せれば,今年のタイトル争いに割り込めるかもしれない。マッサもトラフィックに引っかかったという点を除けば,よいパフォーマンスだったといえる。2人とも表彰台に上れば上出来といえるだろう。燃料積載量はルノー,マクラーレンよりやや軽め~同じぐらいで2ストップ作戦ではないかと考える。ホンダのペースにもよるが,第1スティントで,アロンソやマクラーレンを押さえ込んでくれれば非常に楽な展開となるだろう。

2. ホンダは3ストップか
 2台ともに予選後の会見に臨むことができて予選パフォーマンスがよいことは再び示した。常々の課題であるレースペースが今回はどうかということになってくるだろう。1台が表彰台に上れるかどうかといったところか。

3. アロンソ・マクラーレン,優勝は厳しい
 燃料積載量のあやでホンダ勢に前を許してしまったために,第1スティントは最低1台のホンダについて行くことになってしまう可能性が高い。したがって,優勝はかなり厳しいのではないだろうか。また,マクラーレンも燃料を積むのはいいがこれでは優勝の可能性はかなり低いと思う。

4. トヨタ,ウェーバーの存在は…
 トヨタの燃料積載量が読めないが,ルノー,マクラーレンよりは少ないのではないか。ウェーバーは前グランプリ同様,かなりの燃料を積んでいるものと思われる。したがって,トラフィックに引っかからなければ4~5ptsぐらい持って帰れるかもしれない。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/124-181fe100

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。