indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1. アロンソ磐石の態勢か?
 上記に記したように,アロンソ,ウェーバー等のアタックラップを邪魔したとして,ミハエルが予選失格処分が言い渡されているため,ポールポジションはアロンソが獲得した。これにより,レースではウェーバーがふたとなり,マクラーレン勢の追い上げが厳しくなると考えられる。ウェーバーの燃料積載量にもよるが,1回目のピットストップのあとでアロンソの復帰位置が悪いと,ウェーバー先行の可能性もある。次に考えられるのが,ウェーバーのスタートが悪く,ライコネンに抜かれるケースがありうる。こうなると,アロンソとライコネンの直接勝負となる。
 ルノー勢の燃料積載量は20~22周分で,マクラーレン勢はそれより多少重い22~24周分ではないだろうか。ライコネンが大事なことは,アロンソがピットに入ったあとにどれだけ安定して速いラップを刻めるかではないだろうか。

2. フェラーリはポイント獲得が関の山か…
 2台が最後尾スタートと非常に状況が苦しくなってしまったフェラーリ勢。選んだタイヤにもよるが,1回ストップが可能なタイヤならば確実に1ストップ作戦で2台とも40周目前後まで引っ張るのではないだろうか。セーフティーカー次第では表彰台の可能性もある。

3. ポイント圏内あたりのドライバーは運まかせ
 ポイント圏内付近のドライバーは1ストップ作戦と2ストップ作戦の両方の作戦がありうると考えられるので,ピットストップ前後にいかに自分のペースで走れるかがポイントとなる。しかし,これについてはほぼ運試し状態で,これにセーフティーカーが絡めば完全に運となる。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/133-9a7154b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。