indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1. 運はとにかくアロンソへ
 レース序盤,アロンソがタイヤに注意を払って遅く走る一方で,ライコネン・ウェバーはアロンソの後ろをしっかり追う。第1スティントはこの状態が続くのはモナコでは当たり前。1回目のピットストップで,ライコネンがたっぷり燃料を積んで出て行く。この間にライコネンはアロンソを追うために必死でアタックラップを取るが,アロンソの1回目のピットストップはガソリン少なめで静止時間がライコネンより3秒近く短かった。これによって,1位でコースに復帰。ライコネンとしては2回目のピットストップで逆転することが最大の目標となり,常に一定のプレッシャーを与え続けていた。
 決定的だったのが,ウェバーが1コーナー直後でストップしてしまったためSCが出て,これでアロンソ,ライコネンは同時ピットインでライコネン逆転ならず。コース上で追い抜くことになったのもつかの間,ライコネンにトラブルが出て終わり。

2. ピットストップ作戦が運命の分かれ目
 1ストップ作戦のバリチェロが2ストップ勢(ロズベルグ,クルサード,フィジケラ)を抑えたため,バリチェロ,トゥルーリあたりはモナコの特性を最大限利用したといえるが,それ以上に利用したのはクルサードで,第2スティント終盤,タイヤが限界に近づいていたが素晴らしかった。
 ミハエルは会心のドライブで5位を獲得できたのは賞賛に値する。ピットストップも前に詰まったために早めに行ってクリアラップを取れたのはよかった。マッサも健闘したが,ミハエルがいかにすごいかが際立った。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/134-3cef54e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。