indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そろそろ,ミハエル・フェラーリは得点差的にタイトル争いから苦しくなってきましたね~モナコの予選の問題は沈静化するのでしょうか~
それでは,イギリスGPのプレビューです。

1. フェラーリとルノーの対決にマクラーレンが絡めるか
 イギリスGPのシルバーストーンは,スペインGPのバルセロナと並ぶ車体の総合力が試されるサーキットであるため,モナコGPでの序列は全く参考ならない。現にウィリアムズはすでにバルセロナでの結果からモナコでの再現は無理とし,ポイント獲得を目標としている。したがって,フェラーリ,ルノー,マクラーレンの争い,ひいてはミハエル,アロンソ,ライコネンの戦いになるのではないかと予想される。
 先日のバルセロナのテストでいいタイムを刻んでいたフェラーリ。常にポテンシャルの高いルノー。モナコで改善した姿を見せたマクラーレン。このGPは3チームにとって重要な位置づけとなるのではないだろうか。
 フェラーリは高速コーナーを得意としているので,Maggots, Becketts, Chapelと高速コーナーが続くセクター1で有利と見られる。セクター2, 3ではタイヤのトラクション性能が効いてくる。今年はこれまでの流れからBS, MIともに互角の展開を繰り広げているので,当たりのタイヤを持ってこれるかが重要となる。またこのサーキットは路面が粗いため,ミディアム~ハードレンジのタイヤを用いなければならない点が妥協点を難しくさせる。今年のタイヤは当たりポイントが小さいようなので(スペインでBSが決勝ではずした,ヨーロッパでMIがはずした),BS/MIにとっては厳しい戦いとなるだろう。

2. ピットストップ作戦
 タイヤがはずれることも考慮して,やはり作戦はPPを取りに行くほうがよいと思われる。渋滞につかまらないのならば,1~2周のラップタイムの差と新品のタイヤの性能が拮抗するため,燃料積載量が重要である。予選Part 3での走行ラップは13~15周であると予想される。燃料積載量がラップタイムに与える影響は標準レベルなので,20周前後3周分ぐらいが上位陣の1回目のピットストップになるのではないかと思われる。中段グループ以降は30周手前が1回目のピットストップとなるのではないだろうか。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/135-df0e798c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。