indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨年はMI勢のレース不参加で6台のみのイベントとなってしまったアメリカGP。今年はそんな残念なレースを払拭するようなオーバータイクの多いレースであることを願っています。普通のサーキットの倍近く舗装幅があると思うので,オーバーテイクには比較的向いていると思います。
それでは,アメリカGP プレビューです。

1. MIタイヤはどのようなタイヤを用意するのか
 ルノー,アロンソの完全勝利で終わったカナダGP。フェラーリとしては単純にタイヤとのセットアップがうまくいかなかっただけという認識だろうと思われる。したがって,予選の段階で保守的な戦略にまわっていたと思う。アメリカGPではアグレッシブにせめて欲しい。ところで,昨年はMI勢はレースに参加しないという緊急事態が発生した。オーバル部分ではシュミレーションでは計算できないような力がかかるらしい。今年も同じことを繰り返すわけにはいかないが,タイヤ交換ができる分,耐久性の面では確保されたタイヤは確実に用意できるのではないかと思われる。BSはIndyのイベントにファイアストンとして供給しているので,データも多少は持っており安全なタイヤが供給されることに疑問の余地はない。今回のイベントもタイヤをいかにうまく使いこなすかが勝負の鍵となり,今回それを達成しやすいのはBSであると踏んでいる。
 タイヤとしては,インフィールド区間では高いグリップ力が要求されるため,ソフトコンパウンドをチョイスしなければならない一方で,オーバル区間ではエンジン全開でタイヤの内側にも外側にも負荷がかかるため,これらの負荷に耐えうる構造やコンパウンドでなければならない。また,エンジン出力が200馬力低下したことでどのようなタイヤを選ぶのが,チームで変わる可能性もある。予選重視でトップスピードをやや抑えたセッティングにするのか,レース重視でオーバーテイクをしやすいトップスピード重視のセッティングにするか,タイヤとの耐久性,磨耗性にも影響されるが,いろいろなセッティング存在するかもしれない。それはトップスピードで確認するのが最も簡単な手法であろう。

2. フェラーリはオーバーテイクがしやすい
 今年はどのレースでもトップスピードが他チームより群を抜いて速いので,オーバル部分からホームストレートにかけての17秒のエンジン全開区間でオーバーテイクを仕掛けやすいと思う。したがって,ポールを取らなくても優勝の可能性もある。マクラーレンにも最近同様のことがいえて,トップスピードはフェラーリほどではないものの十分に速い。よって,マクラーレンも優勝の可能性を秘めたGPであるといえると思う。

3. 上位3チームに続くのは…
 ここのところ安定したパフォーマンスを発揮しているザウバー勢。前回ようやく今季初ポイントとなったトゥルーリがいるトヨタ。タイヤと予選さえうまくまとめられれば表彰台も夢じゃないウィリアムズ。この3チームが上位3チームが取りこぼしたポイントを争うことになるだろう。カナダに非常に似たサーキットなので,このレースでもホンダやレッドブルはこの次のグループになると思う。

4. ピットストップはやはり2回か
 このサーキットは燃料の重量がラップタイムに与える影響がかなり小さいので,1回目のピットストップを引き伸ばすような作戦は比較的取りやすい。オーバル区間でトラブルが発生した場合,セーフティカーが出動する可能性も高いため,2回が一般的だと考えられる。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/141-79dbb110

ファイアストンについて
ファイアストンファイアストン・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(Firestone Tire and Rubber Company)は、アメリカ合衆国のゴム、タイヤメーカー。同社は19世紀後半にハーベイ・ファイアストーンによって設立された。ファイアストーンはすぐにヘンリー・フォードによる

2007.02.13 12:49 | 世界の企業

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。