indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
3週間ぶりのF1なので,わくわくしてます。F1夏休み期間中は特に大きいニュースもなかったので,ちょっと退屈でした。チャンピオンシップ争いは残り5戦なので1戦1戦が大切です。今のところ,コンストラクターズはフェラーリ有利,ドライバーズチャンピオンシップは五分五分といったところでしょうか。
それでは,トルコGP プレビューです。

1. やはり3チームの争い
 ハンガリーGPのドライセッションでの状況を見る限り,やはりフェラーリ,マクラーレン,ルノーが速かった。ドライセッションだとこの3チームが表彰台争いを展開することになるだろう。ここのサーキットはシルバーストーン,バルセロナ同様,車の総合的なパフォーマンスとドライバーの腕が試される非常に面白いサーキットである。昨年はマクラーレンがルノーを大きく引き離しての優勝だったので,同じミシュラン勢としてはマクラーレンのほうが相性がよいかもしれない。フェラーリはタイヤ選択を誤ったためにレースペースが遅かったが,今年は総合力が試されるサーキットでもタイヤさえ整えば速いことが示されている。したがって,3チームの力は拮抗しているので,レースの行方はタイヤが大きな鍵を握るだろう

2. この3チームに続くのが…
 トヨタとホンダであるが,トヨタはここ数戦,BS勢の中で最も硬いコンパウンドを選択しているためにレースペースはよくても予選でセカンドローになかなか入れない状況が続いている。車の特性として,硬いタイヤがレースで最も安定して速く走れるようになっているのだろうが,もう少しやわらかいタイヤを使えるようになると表彰台も見えてくるかもしれない。ホンダはドイツGPあたりから予選でもレースでも復調してきたので,前戦の優勝の勢いを保つことが大切である。
 この下のグループはウィリアムズとBMWザウバーとレッドブルということになるだろう。ウィリアムズは今年はタイヤ選択とそのセットアップによってかなり浮き沈みの激しい年となっており,総合力を試されるようなサーキットでは結果は残せていないだけに今回は苦しい。BMWザウバーは垂直ウイングの禁止以降元気がないが,このGPレッドブルと並んで上位陣のリタイアの場合,ポイント獲得のチャンスが訪れるかもしれない。

3. 下位3チームのポジションは
 スーパーアグリSA06Bがいよいよ登場し,3rdドライバーにモンタニーが座るということで,前2戦のようにレギュラードライバーによるタイヤ評価の仕事の負担が軽減され,セットアップに力を注ぐことができる。琢磨がこの総合力が試されるサーキットでミッドランドの2台をレースで食うことができれば,車から得られるパフォーマンスとしては申し分ないだろう。今回トロロッソは,ウィリアムズが低迷することも考えられるので,ウィリアムズの1台を食うことができるかもしれない。

4. ピットストップ作戦は
 タイヤのたれは小さいが,アップダウンが多少あり,フューエルエフェクトは比較的大きいほうなので,各車2ストップ作戦となるだろう。いつものように上位3チームは1回目のピットストップは均等割りから2~4周前後早く行われ,あともう1回は他者との状況によると思われる。トヨタ・ホンダあたりはQ3まで残ると均等割りぐらいの作戦となるだろう。残り下位チームはタイヤのたれを気にしても均等割りから5周以上遅らせても問題ないと思われる。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/158-cea30edc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。