indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日が,研究室の遅めの夏の中間発表の3日目で自分の発表がある日でした。久しぶりの発表だったんで,発表序盤,声が震えてました。抑揚のない発表だったので,もしかするとつかみどころがない発表だったかも。まだまだ,経験が必要です。そんなこんなで中国GPレビューを書くひまを失ってしまったため,金曜フリー走行のレビューを書いている次第です。申し訳ありません。

1. 雨によってチームの力のバランスは不明
 ただでさえ分かりにくい金曜日のパフォーマンスにおいて,雨が降ってしまったためタイムオーダーはほんとんど意味をなさない。しかし,レギュラードライバーでタイムシート上位にフェラーリ,ルノー,ホンダの3チームがおり,この3チームの速さは期待できそうだ。マクラーレンがほとんど周回数を重ねていないため,土曜フリー走行でどれだけ巻き返せるかがポイントとなる。

2. マッサ・琢磨はエンジントラブル
 この2人はエンジントラブルでグリッド10番手降格となる。琢磨に影響はほとんどないとして,マッサの10番手降格はフェラーリのコンストラクターズ選手権に大きく響く。さらにはグリッドで赤の壁を築くことができなくなり,ミハエルにとっても心理的に影響する。マッサはこのGPフィジケラの前でフィニッシュできれば仕事としては満点である。

3. 決勝レース,雨の可能性
 雨が降ると,必ずしもフェラーリ有利と限らなくなり,ハンガリーGPのようなことが起こる可能性は十分にある。ピットストップのタイミングなどミスしなかったものが勝つだろう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/169-79688b34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。