indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1. 2ストップ作戦がセオリー
 今年はQ3で消費した燃料はレース前に補給されないため,幅広い作戦(2ストップor3ストップ)を取ることが可能となる。しかしながら,このGPではセーフティーカーがでやすく3ストップ作戦で築いたマージンを失いやすいので,2ストップ作戦がセオリーと考える。Q2とQ3のタイム差から,上位のハミルトン,コバライネン,マッサ,ハイドフェルドあたりは19~20周前後で1回目のピットストップを迎え,クビサは3~4周軽めと読む。
 フェラーリ・マッサはQ2でカモフラージュしているかと思われたが,1発のタイムを出すのには苦労している模様,ただしロングランのレースペースではマクラーレンを上回っているため,スタートさえよければピットストップで前に出る可能性あり。
 ハイドフェルド・クビサがフェラーリ・マッサとマクラーレンの2人とどこまで戦えるかが見どころとなる。

2. フェラーリ,マクラーレン,BMWザウバー以下は昨年以上に混戦
 Q2のタイム差を見ても分かるように,0.3秒以内に7台がひしめく戦いだった。今回はトヨタ,ウィリアムズ,レッドブル,トロロッソが抜け出し,今後もどのチームがQ3に進出してもおかしくない状況にある。Q3に進出したドライバーもこれらのチームと戦うための燃料(25周分前後)を積載して,ロング(hard側のタイヤ)-ロング(hard側のタイヤ)-ショート(soft側のタイヤ)というオーソドックスなパターンで今回は戦うのではないだろうか。旧車をモディファイしたトロロッソが予想以上に速かったことには少々驚いている。

3. インドの力とスーパーアグリ
 テストマイレージがそのまま予選結果に反映されており,今年はフォースインディアは徐々に中段勢を捉えQ2に進出し始めるかもしれない。今年はスーパーアグリは苦しい一年を過ごすことになるだろう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/188-78e409c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。