indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1. フェラーリの本領発揮なるか
 オーストラリアでは不本意な結果となってしまったフェラーリ。フリー走行時からトラブルを抱え,レース中でも2台ともにエンジントラブルでリタイアという全くいいところがなかった。前に車がいないときのレースペースでは明らかに群を抜いたペースであったことは間違えなく,歯車さえかみ合えば優勝候補であることは間違いない。
 オーストラリアでは予選,レースともに手堅くまとめたマクラーレン。信頼性を併せ持ったフェラーリにどこまで対抗できるかが注目となる。BMWザウバーも手堅くまとめ第3のポジションをしっかり守っていた。トップ2チームに近づくには至らないペースまでも今後の開発次第では追いつく可能性もある。ウィリアムズは2台が走りきりポイントを獲得したが,予選ペースでは昨年同様不安も残るため,今後は2台がしっかりQ3に残ることがマイセンしっかりポイントを獲得していくために必要だろう。

2. トヨタ,ルノー,ホンダ,レッドブル,ウィリアムズが大混戦
 この5チームが大混戦状態で予選,レースペースともにGPごとに異なる勢力図が見られるだろう。各チーム,フリー走行の走り損ねなどが結果に直接響くことになるだろう。その中でも,アロンソ,トゥルーリ,ウェバーが予選がうまくポイント獲得のチャンスが増えるだろう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/192-0e4369f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。