indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1. タイヤの使い方が重要
 昨シーズンのバーレーンではハード-ミディアムのドライタイヤが使用された。もう1つ軟らかい側でも十分に磨耗ライフが持つと判断されたことから,今年はミディアム-ソフトの組み合わせが採用された。TC,OCなしの影響はタイヤの磨耗という点ではここ2戦でそれほど大きな影響はなさそうであると分析されるが,昨年に引き続いて相変わらずマクラーレンは磨耗に厳しい車であることには変わりない。特にスティント終盤のリアタイヤには厳しく磨耗がきれいではない。マクラーレンはソフトタイヤをどこまで使いこなせるかがレースでフェラーリと戦うポイントとなる。
 フェラーリは予選でしっかり走ることができてフロントローを獲得できれば,スタートで1ポジションダウンしようが必ずレースペースで逆転できるので,とにかく予選軽めでミスをしないことが必勝パターンである。
 BMWはタイヤの使い方+予選の戦い方でマクラーレンと互角の勝負ができるグランプリとなりそう。フェラーリに次いできれいにタイヤを使うチームなので,予選でマクラーレンの前に出ておけばレースでしのぎきるケースも十分にありうる。

2. 第2グループはレース毎に変化
 ウィリアムズ,ルノー,トヨタ,レッドブル,ホンダが完全に団子状態で路面,グリップ,タイヤチョイス,ストラテジー,信頼性のバランスがよりうまいセッティングを出したチームは入賞の可能性がある。タイヤにやさしいとスティントの長さを調節できるため,作戦の幅が広がるメリットがある。第2グループの中ではウィリアムズがその点に関しては有利に進めている。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/194-99544637

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。