indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1. 空力パーツのアップデート
 スーパーアグリ,トロロッソを除く9チームは空力パーツ・サスペンションのアップデートのためにバルセロナテストをこなした。フェラーリのフロントウイング(上部が開いていてフロントウイング下側から流れた空気をうまく流す),ウィリアムズのフロントウイング形状の変化,ルノーのエンジンカウルのレッドブル化などが目立ったが,各チーム細かい変更を相当加えているはずである。
 また一方でテスト期間中,来年度に使用されるスリックタイヤのテストが行われた。タイヤウォーマーなしの場合,スリックタイヤで走るとアウトラップ後の次のラップでも最も速いときから8秒も遅くては1コーナーが非常に危険である。何人かのドライバー(ミハエル,デラロサ,マッサなど)はタイヤウォーマーは残したほうがよいとコメント。ご意見番ミハエルのコメントの重みはあるのだろうか。スリックタイヤテストのため,ダウンフォースレベルが各チームばらばらでテストタイムへの理解がいつものテスト以上に難しい。

2. フェラーリが優勝候補
 バルセロナテストを受け,各チームフリー走行ではセットアップの確認・微調整を行うだけで済むはずであり,チームの実力差が如実に現れる。マレーシア,バーレーンと安定していたフェラーリが優勝候補であり,続いてBMWザウバー,マクラーレンがバトルを繰り広げるだろう。
 以下,トヨタ,ルノー,ウィリアムズ,レッドブル,ホンダの速さは非常に拮抗しており,どこがQ3進出およびポイントを獲得してもおかしくない。フォースインディアは大きくモディファイしてきており,ひょっとすればQ2進出もあり得る。スーパーアグリはGPに車を並べられるのか・・・
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/196-7d432c65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。