indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ライコネンの自らのミスによって,グリッド5番手スタートとしてしまい,アロンソがPPを獲得した。このグランプリではルノー勢も十分にマクラーレンに対抗できる力を持っており,アロンソとしては久々の優勝を味わうことができるかもしれない。

・マクラーレンの作戦は?
ライコネンがセクター1でミスをしてしまい,セクター2,セクター3へと響いたため,どの程度燃料を積んでいるのかがますます分かりにくくなかったが,少なくともモントーヤよりも燃料は多いはずである。モントーヤは早いアタックの割にタイムが非常によかったので,ここでもマクラーレンのポテンシャルの高さが感じられる。1回目のピットストップをアロンソより引っ張った場合は,ライコネンにも勝機はあると思う。

・ルノーは速さを取り戻した
ヨーロッパラウンドを終わってからも必死に開発を続けているルノー。開発の成果もあって,結果が出つつある。マシンの開発で,フロントウイングのバラストがなかなか面白いポイントだった。フィジケラは出走が1番だったので燃料は少なめだと考えられるので,モントーヤやバトンと争うことになるだろう。

・フェラーリは復活の兆しあり?
フリー走行では調子の良かったフェラーリだが,予選ではバリチェロが思うようにタイムが伸びず,9番グリッドからのスタートとなった。フリー走行では調子が良かったので,レースでの順位アップに期待したい。バリチェロの燃料量はミハエルとさぼと変わらず,25周前後ではないかと思われる。

・B・A・Rは2人で異なる作戦を!
バトンは確実なアタックで4番手を獲得した。B・A・Rはインフィールドのセクター2は速いが,直線区間のセクター1, 3がルノーやマクラーレンより遅いので,表彰台はやや苦しいかもしれない。琢磨はベルギーのペナルティとエンジン交換ペナルティで20番手降格が決定しているので,アタックラップを行わず1ストップ作戦が確定した。今回はピットからではなくグリッドからのスタートだと思われるので,ぜひとも1周目でごぼう抜きを披露してもらいたい。トヨタ勢が今一歩なので,ひょっとすればポイント獲得のチャンスもある。

・トヨタはやや苦戦
フェラーリからも完全に離されてしまっている上に,トゥルーリのエンジン交換によって,今回のポイント獲得は非常に厳しいだろう。これまで信頼性抜群だったトヨタエンジンが壊れたのは想定の範囲外に違いない。

・クリエン&マッサ&ビルヌーブ
クリエンが完璧なアタックラップによって,6番グリッドを獲得したのは驚きだった。予選もしっかりこなせるということでまた1つ評価を上げたと思う。レースペースがどうかいうところが非常に興味深い。
マッサは燃料軽めでビルヌーブが重めということで,ベルギーのとき同様,天候次第では面白い展開が予想される。

若干の雨が予想されるブラジルGP。見所満載ではあるが,深夜開始が玉に瑕か。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/25-73eabd7e

アロンソがPP獲得
F1ブラジルGP予選はポイントリーダーのアロンソがPP獲得。ここブラジルで最年少チャンピオンを決めてしまう可能性が高くなってしまった。予選順位1 アロンソ   (ルノー)2 モントーヤ  (マクラーレン)3 フィジケラ  (ルノー)4 バトン    (B

2005.09.25 16:19 | ひとりの独り言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。