indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前戦ブラジルGPで2005年のドライバーズチャンピオンシップの戦いは終了してしまったが,コンストラクターズチャンピオンシップは,2チームによる熾烈な争いが残り2レースは続きそうな感じである。速さのマクラーレンが,信頼性のルノーを2ポイントリードしており,このまま逃げ切ることができるのかが注目ポイントである。また,ホームであるトヨタは5位以下に沈む可能性がかなり低くなったので,2人ともTF105Bを操って表彰台を目指すことになる。B・A・RもまたHondaがホームであり,鈴鹿スペシャルエンジンと新空力パーツ投入で,表彰台を狙う。

・マクラーレンvsルノー
 総合力をもったマクラーレンが順当にいけば,ポールを獲得し,優勝すると思われる。
 鈴鹿は2ストップ作戦の車がほとんどだと思われるが,fuel effect(燃料がラップタイムに及ぼす影響)が大きいので,とにかくポイントを獲得したいチームは3ストップで前のグリッド確保の可能性もあり得る。これにより,B・A・R勢,トヨタ勢がルノー勢のグリッドの前に出てくるようなことがあれば,ルノーとしては厳しい。最近,それを防ぐ形で,ルノー陣営は早めのピットストップを心がけているように思う。ルノーの邪魔をするチームが3チームあるので,どれだけ絡んでくるか注目である。

・フェラーリ,トヨタ,B・A・Rの争いは?
 マクラーレンにミス・アクシデントがなければ,勝つ可能性が高そうではあるが,表彰台はルノー,フェラーリ,トヨタ,B・A・Rの4チームにも可能性がある。前戦ではフィジケラを捕らえたフェラーリが今回どこまで追い上げられるかが気になるところだが,タイヤの違いによるロス(セクター2が特に)がひどくなければ,予選で負けても決勝ではひっくり返せるという可能性もある。(ミハエルがセクター1を得意としているので,高速コーナーがあるセクター2でロスが少なければチャンスあり)
 トヨタは,TF105Bの投入によって,予選で苦しんでいたラルフ・シューマッハが速くなるだろう。予選アタック順の悪いトヨタは燃料軽めの第1スティントとなるのか…
 B・A・Rはここ数戦,セットアップをはずしてタイヤで苦しんでいるので,今回は期待したい。2人とも予選のアタック順は悪くないので,予選の速いB・A・Rとしては,いつもの通り,燃料を周りより少し多めでピットストップのときに順位を上げる作戦が適しているのではないだろうか。

・雨の可能性あり
 秋雨前線の影響により,昨年に引き続き,雨のGPという可能性が大きいため,レインタイヤでレインセッティングという可能性も十分に考えられる。また,予選のアタック中に雨が降り始めると,グリッド番狂わせという危険性もある。また,フェラーリ勢に大きなチャンスがやってくることになる。

 昨年同様,雨の日本GPの可能性がある。天候次第で面白いグリッド,レース展開が期待される。
スポンサーサイト

ご訪問ありがとうございます。
ところで、いつからかF1でのタイヤ交換が禁止になったらしいじゃないですか。理由としては2008年からの煙草関係のスポンサー広告禁止に伴う財政難からだという話しをJTに勤める知り合いから聞いたのですが、私aki@kjはタイヤ交換の作戦が見れなくなるのがとても残念です。
また遊びに来ます。

2005.10.07 14:34 URL | aki@kj #aIcUnOeo [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/32-8b54c112

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。