indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
53周のレース,終わってみればマクラーレンとルノーという今年度を象徴させるようなレースだった。最終ラップでのライコネンのオーバーテイクシーンは切れがあって素晴らしかった。ホンダ・トヨタ勢が今一歩だったのが,残念であるが,これだけ実力の差があるということなので,仕方ない…

・マクラーレンの速さは異次元
 スタートでミハエル,アロンソが大きく順位を上げたのに対して,ライコネンは彼らに比べて上げることができなかった。そして,オーバーテイクを繰り返して,ミハエル,アロンソ,ライコネンと並んだが,自分のペースで走ることができていなかった。そんな状況で優勝することができたのは,燃料節約で粘って走行を続けたためにピットストップを遅らせることができた点である。1回目はミハエルと同時ピットインだったため,ミハエルをオーバーテイクすることはできなかったが,2回目のピットストップでは残り9周でのピットインで,トップで自分のペースで走る時間を多く取れたので,1周で1秒以上の差を縮めることができ,最終ラップのオーバーテイクにつながった。
 チームの戦略がかなり上手かったのと,予選においても,アタックラップを行ったドライバーのうちエンジン交換の場合は10番手降格だったので,燃料節約走行によってエンジンペナルティをこうむることがなかったことがうまい作戦だった。

・日本勢,マクラーレン,ルノーの前に手も足も出ず
 ラルフ・シューマッハは3ストップ作戦だったために,SC(セーフティーカー)が入ったことでレースは終わってしまった。SCが入ってもあのタイミングでピットストップするぐらいだったなら,実際は相当燃料が軽く,10周目にはピットインしていた計算になる。フィジケラを引き離していたところのSCで少し運がなかったといえる。レースペースは悪くなかったが,ピットストップのたびに後続の車のペースに付き合わされて,下位に沈んでいってしまった。
 B・A・Rも琢磨がバリチェロと接触で後方に沈み,バトンも思うようにペースが上がらず苦戦し,最後にはピットでウェバーに抜かされる始末。B・A・Rはピット作業は今後の大きな課題になるだろう。琢磨は接触さえなければ,1ストップ作戦だったことも考えて,ポイント獲得は確実だったと思われるだけに悔しい。

・フェラーリの健闘もむなしく…
 ミハエルをライコネンやアロンソが何度となく襲い掛かるが,前王者ミハエルはさすが! 数周に渡って抑え続けることができていた。中継を見ていて分かりやすかったのが,マクラーレンやルノーの車と違うのは,コーナーの立ち上がりで,ミハエルが極端に遅いときに限って,スリップストリームに入り,オーバーテイクのチャンスが訪れるという感じだった。それでもミハエルは何度も抑えていたところがミハエルのすごいところである。また,1回目のピットストップの前,燃料をあれだけ積んでいたにもかかわらず,アロンソをかなりの間,抑えつづけたのも流石である。

・クルサード密かに大健闘
 レース中ほとんど映ることがなかったが,1回目のピットストップも2回目のピットストップも上位陣より遅らせて(ライコネンと同じぐらい),常に順位を守る走りを徹底していた。特に1人で走る時間が多く,素晴らしい仕事だった。

・コンストラクターズタイトルの行方は?
 ルノー勢が2-3フィニッシュ,マクラーレンがライコネンの優勝のみということで,ルノーが2ポイント逆転した。マクラーレンの速さはこのGPでも明らかであり,どの位置からスタートしても優勝できるポテンシャルはあるので,リタイア・ミスしないことがタイトル獲得のポイントとなる。一方,ルノーはリタイア・ミスのないレースをすることしかできないが,このGPで少しマクラーレンにプレッシャーをかけることができたかもしれない。とにかく,2台ともリタイアをしなかったチームがコンストラクターズタイトルを獲得しそうである。

とにかくオーバーテイクの多かった日本GP。初の生中継で,楽しんだ人も多いはず。来年以降もぜひ生中継を続けてもらいたい。
スポンサーサイト

TBありがとうございます
ライコネンまじで速いですね
最後は興奮しました

2005.10.09 18:19 URL | nishi #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/36-0924deaa

F1第18戦日本GP 決勝結果
ライコネンが最終ラップでフィジケラを抜いて優勝2位フィジケラ、3位アロンソでコンストラクターズではマクラーレンを逆転中盤のM・シューマッハ、アロンソ、ライコネンのバトルは熱かったな~日本勢はポールスタートのR・シューマッハは3ストップが裏目に出て

2005.10.09 17:39 | む~む~の不定期日記

日本GPライコネン強し
9日に鈴鹿で行われた日本GPはスタート直後に琢磨がカーブでクラッシュし5番手から後退するそして大好きなモントーヤがリタイアしショックやしその後レースは最後まで見てたけどライコネンが逆転で優勝したけど17番手からはやっぱり速いよなコンストラク....

2005.10.09 17:47 | 芸能&スポーツ瓦版

生放送なF1日本GP@鈴鹿サーキット
CXったら史上初の生放送って必要以上に煽ってたけど、英田の時やっただろ まぁ鈴鹿は初めてだが・・・レースの方は、佐藤琢磨がとっととぶつかりやがった ホント運がないお人じゃ・・・どうするのよ来年のシート? まぁでなんとかするか(ぇラストのライコネンとフィジ

2005.10.09 17:59 | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο

F1 日本GP決勝
F1日本GPは予選17番手のマクラーレンのライコネン優勝で終わった。 F1日本GP 決勝 決勝は晴れ、ドライとなった。PPにはトヨタのラルフ、2位にBARのバトン、琢磨は5位という予選結果から、 鈴鹿の応援は凄かった。 しかし、1周目から波乱となった。1コーナーでは琢

2005.10.09 18:03 | 今日のニュースはこれかな?

鈴鹿GP
 寝坊して12時に起きた。外出の予定を変更し、F-1の第18戦日本グランドプリックスを視聴していた。一年で19戦行われる世界選手権の内の1つが日本で行われたのだ。 サッカーだってワールドカップやUEFAがあれば盛り上がるのと同じように、F-1もまた凄

2005.10.09 18:07 | tapestry ~心象スケッチ~

日本GP ライコネン逆転優勝
ライコネンがラストラップでフィジケラを抜き逆転優勝まじでうれしいめちゃくちゃ興奮したよ17番手スタートのライコネンが優勝するなんてすごすぎ何回も遅い車に引っかかってたけどさすが

2005.10.09 18:30 | F1最高!!

F1鈴鹿グランプリ 決勝
トヨタのラルフがPPを獲得し、ホンダのバトン2位、琢磨5位と今回の鈴鹿は『ジャパンパワーだ』と周囲がかなり盛り上っていたのですが、終わってみればマクラーレン(ライコネン優勝)とルノー(フィジケラ2位、アロンソ

2005.10.09 21:06 | ほのぼのLIFE  

F1日本グランプリ 決勝
面白かった~~。。今年一番のレース。いや、これまで見た中で5本、いや3本の指に入るレースかな。。まさか鈴鹿でこんなオーバーテイク・ショウが見られるなんて思いもしませんでした。雨に予選の主役がトヨタとホンダだとすると快晴の決勝の主役はやはり今年を

2005.10.09 23:25 | 独り言日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。