indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
私見を言いますと,バトンとバリチェロが来期のB・A・Rのドライバーが相応しいと思います。

今年のレースの結果を見ると,明らかなように,バトンはB・A・R復帰後着実にポイントを重ねているのに,琢磨は1ptしか取れていない。
また,予選でもレースペースでもほとんどのGPでバトンに負けている。

こういった状況から,中堅チームから上位チームに昇格したいB・A・Rとしては,いくら日本のファンが琢磨がいいといっても残留させるべきではないと思います。B・A・Rのイメージも悪くなりますからね。(今年のレギュレーション違反で十分イメージ悪くなったという説もあるが…)

彼には,11番目のチームやジョーダンといったような下位のチームでもう一度腕を磨いて,認められれば中堅以上のチームに復活というステップを踏んでもらいたいです。

日本GPでのペナルティについて,トゥルーリが次のように語っています。
「タクマのおかげで僕の鈴鹿でのレースが台無しになっただけでなく,序盤で戦列を去ったために次の上海での予選出走順位だって最初になってしまった。
いったいこれを誰が補償してくれるのか。
タクマへの処分が失格といったって,ポイントも取っていない人間が失格になったとしてもペナルティの意味なんかないよ」


トゥルーリの怒りも日に日に増している感じですね。確かに,トゥルーリの被害はかなり大きいです。完走していれば,ポイントは取れなかったかもしれないけど,中国GPの予選出走順は随分違ったはずです。

中国GPを前にして,琢磨の予選出走順が1番手なら,いっそのことデビットソンにバトンタッチするというのも考えられているようですから,琢磨は有終の美を飾るチャンスすら失ってしまうことになるかもしれませんね☆
そうなると,さすがにかわいそうに思えてしまうのは,やはり日本人だからですね(笑)
スポンサーサイト

もう一回やったら、今度はライセンス剥奪をされかねません。
それでも、琢磨なら事故るかも・・・。

2005.10.12 18:00 URL | 呆れた! #- [ 編集 ]

確かに,おっしゃるとおりですね。
今度大きな事故を起こしでもしたら,ライセンス剥奪も十分にありえますね。
そうならないことを願いますが…

2005.10.12 22:16 URL | Taka #mZW2nxzM [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/40-fc6f13bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。