indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
シーズン終盤から2006年の予選フォーマットと新規参入チームについて取り沙汰されていますね。ここのところ,毎年毎年レギュレーションが変更されていて,安定していません。
それから,エンジンもV8に変わるし,ダウンフォースも減少する,タイヤ交換も復活するかもしれない,…ということで今年とはいろいろなところが変わるんでしょうね。
変化があって面白いという人もいますし,そうでない人もいる。規則を変えるというのはほんと難しいことですね。

現在考え得る予選フォーマット形式は,次の3つがあると思います。
1. 1時間混走,空タンク4回アタック(2002年までのもの)
2. 新しく提案されているノックアウト方式
3. レース燃料を積んだ1回アタック(2005年のもの)

個人的には1の形式が好きですがどうやら2になる可能性が高いようです。今年の形式の3に比べれば2のほうが面白いのかもしれませんが,この方式は複雑すぎて視聴者のみならずドライバーをも混乱させかねません。
詳しい説明は,indigo windowの2006年のレギュレーション案(暫定)まで。

これまでF1を見てこられた方は分かると思いますが,かなり複雑です!
ここで,数日前からやっていますが,みなさんにアンケートです。予選フォーマットはどれを望みますか?(右側のVote欄参照)

それから,この方式には公平でない点を見つけてしまいました…
Part 3に残った車のうち,後ろのほうの車は,レース燃料を積んでタイムアタックをやらなければならないので,(Part 3で使った分の燃料は補充できるとしても)最初から積んでいる燃料は必然的にそう多くないはずです。そうすると,Part 2の上位のドライバーは燃料を好きなだけ積むことができ,重い状態でレースを開始することができてしまいます。(一概に有利とは言えませんが,有利なときもあるはずです)

そうすると,ピットストップを引っ張ることができるPart 2の上位のドライバーのほうが戦略の幅が増えることになります。Part 3に進むほうが悪いといわれればそれまでですが,不公平なルールのような気がしてしまいます。
このあたりも考えた予選フォーマットなら満足できるんですが…
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/50-b45e5685

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。