indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
現在F1にタイヤ供給しているミシュランが,2007年一杯でF1から撤退する可能性が高いと報じられている。

FIAは,現在のコンコルド協定が切れる2008年シーズンにはタイヤのワンメイク化を呈示している。

これについてミシュランは「競争のないモータースポーツは意味がない」と反発しているのに対し,一方のタイヤサプライヤーであるブリヂストンは「どういうレギュレーションになろうとも,長期的にF1に関わっていく」ことを表明している。

他方,韓国の新興タイヤメーカーである『クムホ』(現在F3に供給)が新たにF1進出を図るなど,未知の要因もない訳ではない。


ミシュランとしては,競争が絶対ということで,ブリジストンとしては,競争はしたいが世界最高峰のモータースポーツである限り挑戦は続けたいという立場の違いが完全に現れている。
また,アメリカGPでの一件もこういった発言につながっていると思われる。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/61-7a221dbc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。