indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨年に引き続いて,このベルギーGPでドライバーズタイトルが決まるかもしれない。昨年はミハエルのベルギーまでの圧倒的勝利でベルギーも勝利でタイトルを決めるかと思われたが,タイヤの温まり具合が悪く,ライコネンに勝利を奪われた。しかし,表彰台には上り,タイトルは決定付けた。

・ドライバーズチャンピオン決定か?
 今年の状況を整理すると,イタリアGPまでで
Drivers Points → アロンソ:103 pts,ライコネン:76 pts
Constructors' Points → ルノー:144 pts,マクラーレン:136 pts
となっている。残り4戦でアロンソは27 ptsのリードで,このGPでライコネンより4 pts以上多く稼げばタイトルが確定する。この状況はアロンソとしてはかなり楽である。しかし,コンストラクターのほうはうかうかできない状況にある。8 pts差はコンストラクターのほうならすぐにひっくり返せてしまう。残り4戦,マクラーレンの信頼性に問題がなければ,コンストラクターズチャンピオンはマクラーレンが獲得するのが濃厚である。

・マクラーレンとルノー
 マクラーレンもルノーもほぼすべてのサーキットで速さを持っており,特に速いのがマクラーレン。しかし,マクラーレンは前戦でタイヤトラブルを抱えるなど速さはあっても安定性がない。スパはモンツァに比べて,タイヤのタレは小さいと思うので,モンツァで起きたようなトラブルは起こりにくいと考えられるが,その他の信頼性の面ではやはりマクラーレンは不確定要素が多い。

・復活なるかB・A・R
 前戦イタリアGPでは,給油リグの問題から2人ともに影響が出てしまい,残念な結果となってしまった。B・A・RもGPが始まる前から言っていたが,今年のシャーシ自体はモンツァのようなダウンフォースを減らした超高速サーキットには合っていなかった。ベルギーは中~高速サーキットなので,シャーシとサーキットとの相性は悪くないだろう。マシン&エンジンのアップデートで,今度こそルノーと勝負できるかがポイントとなってくる。

・トヨタとフェラーリ
 ここ3戦ぐらいトヨタは波に乗って着実にフェラーリとの差を縮めてきている。残り4戦で8 ptsの差なので,現在のポテンシャルからいけば,トヨタ有利のような気もする。しかし,フェラーリとてそう簡単に引き下がるようなチームではない。イタリアGPで使用したタイヤはトルコGPで惨敗を喫したものと似たような(あるいはほぼ同じ)スペックだった。1週間で新しいタイヤを持ち込むのは不可能かもしれないので,このスパではなんとか耐えて,ブラジル以降で挽回の機会をうかがっているだろう…

・2ストップ作戦か,3ストップ作戦か
 このコースもイタリアに引き続いて,スタートでのアクシデントが起こりやすいので,予選で前のほうを獲得することが求められる。しかし,ピットストップにかかるロスタイムがやや大きいので,今回もほとんどのチームが2ストップ作戦でくると思われる。このサーキットは1周が長いので,ピットストップのタイミングは1周,2周で大きな違いが生じる。周回数(全部で44周)をちょうど3等分した14周目あたり~17周目あたりに1回目のピットストップを持ってくるチームが多いのではないだろうか。よいグリッドを獲得するために,フェラーリやウイリアムズあたりはもしかしたら,10周目ぐらいで1回目のピットストップを行うかもしれない。

・スパウェザーに注意
 今年は一度も雨のレースが行われていないが,このコースは昨年ならば予選で雨が降って大混乱となり,グリッドも番狂わせが生じた。大雨ならばBSがやや有利と思われるだけに,フェラーリとしては是が非でも雨が降ってもらいたいところだろう。

個人的には,ベルギーGPには雨を少し期待したいのと,コンストラクターの1位-2位の争いと3位-4位の争いがポイントである。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://indigowindow.blog21.fc2.com/tb.php/7-e29efaf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。