indigo window blog

F1に対して,日々思うこと…


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨年の12月18日から2ヶ月近くblogを全く更新してこなかったんで,もうやめてしまったと思った人もいるかもしれません。blog更新は大したことではなくても,何気に手間がかかるから敬遠していたんだと思います。それから修論発表も近いんで,次の更新はひょっとしたら3月になるかもしれません。

そんなことはさておき,14日はバレンタインデーでした。何気なく夜に朝日放送の「きになるオセロ」というテレビ番組をつけていると,スイート特集か何かをやっていました。なんとその特集で紹介されたあるお店で販売されたチョコレートを彼女からもらいました。そのお店はできてまだ1年も経たないお店のようですが,どうやら評判が高いようでした。

もらったチョコレート,食べてみました。
1つ1つ深みのある大人な味で上品でそれでいてさっぱりしていておいしかったです。



今日は学位審査のための小論文試験を大阪大学で受験してきた。

そもそも,なぜ学位審査のための試験を受ける必要があるのか。飛び級で大学を中退したため,学位を取得していない。このまま順調に行けば修士は取れるかもしれないが,学位が何らかの形で必要な場合もあるかもしれない。そう思って学位を一応取っておこうと思ったわけである。

昨日の天気予報によれば,今日は雨が降って気温も低いとのことだったが,試験開始前の昼過ぎは空は晴れてここ数日と比べてかなり暖かかった。試験は90分で,事前に提出した学修成果(レポート)に関連する問題が2題ないし3題出題される。それに論述するという試験なのだが,問題数が少ないために当たり外れが大きいことを実感した。1題は学修成果の内容そのものだったが,もう1題は重箱の隅を突っつくかごとく,説明しにくい問題だった。したがって,回答精度は2題中1.4題といったところだろうか。あとは採点官に対して,何とか合格することを祈っておくしかない。

試験後の憂鬱を反映するかごとく,試験会場を後にして駅に向かう途中,雨が降り出してきた。傘を持っていなかったが,小雨だったのが不幸中の幸いである。その後,そろそろ髪を切りたかったことに加えて,美容室にいる間に雨が止むことを期待し,美容室へ向かった。

帰る頃には日も暮れて,外は雨が止み,冷たい風が吹いていた。
最近,何かと話題の高校の単位履修漏れ。公立高校に留まらず,私立高校も出るわ出るわ。新過程になってから,受験と指導要領のやりくりが大変なんでしょうね~履修漏れが多いのが必修の世界史をやっていない生徒ですね。ではなぜそもそも高校で世界史が必修となっているのかですが,政府の見解の大要は

「近年グローバルな時代となってきており,国際的な活躍が期待されるため,他国の歴史や文化がどのように発展してきたかを知る必要がある」

ということらしいです。世界史に興味を持つ人が勉強したら確かに外国の歴史や文化は学べるでしょう。しかし,教科書に載っている事柄や先生から教えてもらうことだけが世界史でもないのも事実。また,社会科は暗記科目であることは深く根付いているだろうから,興味のない人にとっては単位を取るための科目となってしまってこれっぽっちも面白くない。実際,takaもこれっぽっちも面白いと感じなかった人です,教えてもらう先生にも依るのかもしれないですが。これはどの科目にも当てはまることなので,ただの感想に過ぎませんが,問題なのは世界史を必修にしている点です。そんなにこだわらないといけないんでしょうかね~このへん,どうにかならないのかな~

takaが高校を卒業したのは新過程になる前だったので,単位漏れについて考えるならば,平成元年告示の高等学校学習指導要領に対して考えなくてはなりません。そこで,今から単位数の計算に必要そうなところの抜粋を示しますんで,普通科の人で平成元年告示の高等学校学習指導要領が適用される時代の方は自分の勉強した科目を思い出してみてください。



第1章 総則

第2款 各教科・科目の標準単位数等

1 学校においては,次の表に示す標準単位数に基づき,教育課程の編成に必要な各教科・科目の単位数を適切に定めるものとする。ただし,生徒の実態等を考慮し,特に必要がある場合には,標準単位数の標準の限度を超えて単位数を増加して配当することができる。単位については,1単位時間を50分とし,35単位時間の授業を1単位として計算するものとする。

教科科目標準単位数
国語国語I4
国語II4
国語表現2
現代文4
現代語2
古典I3
古典II3
古典講読2
地理歴史世界史A2
世界史B4
日本史A2
日本史B4
地理A2
地理B4
公民現代社会4
倫理2
政治・経済2
数学数学I4
数学II3
数学III3
数学A2
数学B2
数学C2
理科総合理科4
物理IA2
物理IB4
物理II2
化学IA2
化学IB4
化学II2
生物IA2
生物IB4
生物II2
地学IA2
地学IB4
地学II2
教科科目標準単位数
保健体育体育7~9
保健2
芸術音楽I2
音楽II2
音楽III2
美術I2
美術II2
美術III2
工芸I2
工芸II2
工芸III2
書道I2
書道II2
書道III2
外国語英語I4
英語II4
オーラル・
コミュニケーションA
2
オーラル・
コミュニケーションB
2
オーラル・
コミュニケーションC
2
リーディング4
ライティング4
家庭家庭一般4
生活技術4
生活一般4

第3款 各教科・科目の履修

1 次の各教科・科目は,すべての生徒に履修させるものとし,その単位数は,第2款の1に標準単位数として示された単位数を下らないものとする。ただし,生徒の実態及び専門教育を主とする学科の特色等を考慮し,特に必要がある場合には,その単位数の一部を減じることができる。
  • 国語のうち「国語I」
  • 地理歴史のうち「世界史A」及び「世界史B」のうちから1科目並びに「日本史A」,「日本史B」,「地理A」及び「地理B」のうちから1科目
  • 公民のうち「現代社会」又は「倫理」・「政治・経済」
  • 数学のうち「数学I」
  • 理科のうち「総合理科」,「物理IA」又は「物理IB」,「化学IA」又は「化学IB」,「生物IA」又は「生物IB」及び「地学IA」又は「地学IB」の5区分から2区分にわたって2科目
  • 保健体育のうち「体育」及び「保健」
  • 芸術のうち「音楽I」,「美術I」,「工芸I」及び「書道I」のうちから1科目
  • 家庭のうち「家庭一般」,「生活技術」及び「生活一般」のうちから1科目

2 普通科における各教科・科目の履修については,上記1のほか次のとおりとする。
  • 「体育」について,全日制の課程のすべての生徒に履修させる単位数は,9単位を下らないこと。
  • 芸術について,すべての生徒に履修させる単位数は,3単位を下らないこと。



takaの場合の各教科・科目の履修を考えていきたいと思います。成績表に載っている科目と履修した科目の名前が違うことがあると思うので,想像の範囲ということになるんですが,基本的に各教科の授業時間を考えれば単位が取れているかどうか分かると思います。

  • 国語ですが,現代文は3年間週2時間,古典(古文・漢文)も3年間週3時間だったので問題なし。
  • 地歴公民ですが,倫理と政治経済を1年間週2時間(2単位ずつ)ずつ学習し,地理Bを2年間週4時間(8単位),世界史Aを1年間週2時間(2単位),履修したので,地歴公民については全く問題なし。
  • 数学は授業としては数学Iは1年間週3時間で3単位のはずだか,うまく振り返られているか「生徒の実態及び専門教育を主とする学科の特色等を考慮し,特に必要がある場合には,その単位数の一部を減じることができる」で逃げているんでしょう。
  • 理科は化学と物理選択だったので問題なし。
  • 保健体育も保健は2年間週1時間(2単位),体育は3年間週3時間(9単位)なので問題なし。
  • 芸術については書道を選択していましたが,1年間週1時間(1単位)だったような・・・しかし,「生徒の実態及び専門教育を主とする学科の特色等を考慮し,特に必要がある場合には,その単位数の一部を減じることができる」で逃げているんでしょうかね~
  • 家庭についても同様で,1年間週2時間(2単位)だったような・・・「生徒の実態及び専門教育を主とする学科の特色等を考慮し,特に必要がある場合には,その単位数の一部を減じることができる」で逃げているんでしょうかね~

ということで,「生徒の実態及び専門教育を主とする学科の特色等を考慮し,特に必要がある場合には,その単位数の一部を減じることができる」から,単位を減らしたりすることはどうにか可能なようです。なので,takaは卒業できたんでしょう。必修科目で全く授業を受けていない場合はだめなので,卒業できないということになりそうです。しかし,この文言は半分なんでもありの文言ですよね? 「家庭科や工芸は頑張らない代わりに,数学や理科を頑張ります」というのが申請すれば通るというわけですから。

ここまで長々と,高校の単位履修について見てきましたが,大学の単位履修より複雑ではっきりしたものがないということがよく分かりました。

つまり,旧課程ですら高校の学習指導要領はだめということです。新過程ならさらにいろんな制限がついてなおさらでしょう。学習指導要領は,生徒が受けたい教育でない方向に進んでいるんでしょう。現場の教育体制に合わない指導要領なんでしょうね。あとすべての学校に対して,履修科目と単位数を画一化しようとすること自体,もう無理な話だと思います。
極端な話ですが,高校3年間で必要な単位数を決めて,特別活動の時間など必要最低限の制限を設けたあとは残りの単位設定すべてを学校にまかせてもよいかもしれません。


あと,これまでこの問題が発覚しなかったことについても問題です。学習指導要領の徹底を図る教育委員会も問題なんですが,それを管轄できていなかった国も問題ですね。とにかく,学習指導要領だけに留まらず,上から学校までの命令指示系統の見直しなど,すべてのことを見直さないといけないと思います。
今週の日曜日10/29に大阪のとあるホテルで,通っていた高校の同窓会(?)が開かれました。自分たちの学年だけでなく,歴代の卒業生が一堂に会するというものでした。高校を卒業をしてから,すでに2回開かれていたようですが,一度もいったことがなかったんで友だちを数人誘っていきました。

前半は予算等の議事が目的だったんですが,ここで少し面白いことがありました。後半の懇親会の時間に影響が出ない(早く開始する)ように,議事の審議および質問のときに,司会者が
「ここまでの内容について,もし,質問がある人は挙手にてお願いします」
と言ったんです。「もし」と強調して言った時点で質問がないこと前提になってますよ,司会者さん。確かに質問という質問なんかないんですけどね。このあたりがうちの学校っぽいと思いました。

後半は待ちに待った懇親会。ホテルの食事ということで,ビュッフェ形式だった割にはおいしかったです。下がお皿にもった写真です。


06.10.29_dinner


これ以外にもまだまだたくさんありました。お酒は食前に日本酒で,それ以外にビールとウィスキーの水割りがありました。食べることに集中していたんでかなりおなかいっぱいになりました。

そして,そのあと友だちとは別のお店でお酒飲みながらしゃべってました。いろんなお酒を混ぜて飲んだのが原因かなにかわかりませんが,次の日,ちょっとだけ気持ち悪かったです・・・
今日は大学の友だちと食事をしてから家に帰ったため,23時過ぎの帰宅となった。
一昨日の記事を読んだ人ならお分かりの通り,お風呂が壊れているため,体を洗おうと思えば,

1. 近くの銭湯か温泉に行く
2. 市内の親戚の家に行ってお風呂を使わせてもらう
3. お湯の出ない家のお風呂で水浴びをする

のいずれかを選択することになる。

月曜日は時間的にゆとりがあったため,1の温泉を選択した(できた)が,火曜日はお金もかかるし出掛けるのも面倒ということで3の水浴びを選択することにした。

まずシャワーが出ることを手で確認する。覚悟を決め,恐る恐る全身をぬらしていく。下半身から上半身に上がっていき肩ぐらいにきたところで,水が冷たく感じて体が一気に縮こまった。

頭も冷たいものの,上半身ほど冷たさは感じなかったので,頭も顔も洗えた。

まだ気温も低くなかったので何とかしのげたが,毎日水浴びは辛いかもしれない。
日曜日の夕方,家族は完全にお風呂が壊れていることに気づいた。
したがって,お風呂に全く入れない状態となってしまった。
あとから話を聞いたところによると,土曜日の夜の時点ですでに,カランからお湯は出ることなく,シャワーだけだったらしい。

土曜日夜から日曜日朝にかけてオールでカラオケを楽しんでいたため,土曜日の夜の時点で湯沸し器がおかしいことは知らされておらず,朝に帰ってきたすぐにお風呂でシャワーを浴びた。そのときはシャワーも使えていた。
しかし,夕方には壊れていた。

どうやら,湯沸し器の廃熱に問題があったようで,取り返しがつかないぐらいに中が焼けていた。
湯沸し器ごと交換・取り付けとなるため,今日もお風呂に入ることができない。
両親が仕事で出かければ家で業者の人と取り付け工事を見届けないといけない可能性もでてきた。どの業者に頼むがでもめている。

なので,明日は学校を休む可能性もあるかもしれない。

そんなことより,昨日も今日も台風の影響はあっても暑いから,お風呂に入れないのは苦しい。
だから,今日はさすがに近くの温泉にでも行こうかと思っている。


お風呂に入れないのはほんとつらい。
昨日,小さいときに遊びまくったLegoを今日久しぶりに買ってみました。

ヨドバシカメラ梅田のB2が新しくなっていることに気づいたので,ふらっと立ち寄っみました。新しくなったおもちゃ売り場にいって,dots(ドッツ)のバルーンファイトver.でも買おうかと思って,探していると,たまたまLegoのコーナーがあって,そこになんとフェラーリ公認のLegoが3種類ぐらいありました。

一番安かったFuel Stopセットが残り2セットだったんで,自分の書いた英語の論文を校正に出せたこともあって,ちょっとご褒美のような感じで嬉しくて買ってしまいました。

家に帰ってすぐに作る作業に取り掛かりました。部品数も結構あって楽しめました。中に入っていたのは,こんな感じです。

Lego_ferrari_pre


妹と2人で夢中になって作ってました。
人間はピットクルー3人+ロス・ブラウン(と思われる人)+ドライバーの合わせて5人。F2005が1台,給油機1台,タイヤを運ぶやつ1台,ポンプ類(?)1台と,値段に対して,充実した内容でした。
できあがったのはこんな感じです。(こういうのを撮るときは,カメラアングルにこだわってしまいますよね~)

Lego_ferrari_01Lego_ferrari_02


ロス・ブラウンも見守っているところが,たまらないですね~表情もいいし。
タイヤを運ぶクルーの動きもいろいろと変えられるので,なかなか面白いです。
Legoのわりにフロントウイング,リアウイング,サイドポンツーンまで作られていてびっくりです。中でもリアウイングが2枚エレメントなのには感動です!


他にもフェラーリ公認Legoはあるんで,みなさんも子供の頃を思い出して,作ってみてはいかがですか?

Lego Ferrari FIフィニッシュライン
ピットセット,スタートフィニッシュライン,表彰台,F2005が集まったセット

Lego Ferrari F1トランスポーター
フェラーリのトランスポーター,F2005,ピットクルーのセット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。